HPバナー

Blogバナー

 ミヤマ カヨコ  Biography


  東京都立川市生まれ。牡羊座。幼少の頃よりクラシックピアノを習う。
  早稲田大学文学部在学中、『ニューオルリンズ・ジャズクラブ』に在籍、在学中よりプロ活動。
新宿『ピット・イン』、新宿『タロー』、横浜『エアジン』、六本木『アルフィー』、銀座『サテンドール』等に出演。
1981年 来日中のピアニストで、エラ・フィッツジェラルドやカーメン・マクレェ等の伴奏者だったドン・アブニーと共演。
1982年 下北沢『レディー・ジェーン』にて、ケニー・バロンと共演。
同氏の勧めで渡米。N.Y.『アングリー・スクワイア』にてケニー・バロン3と共演。
また、ノーマン・シモンズに師事。
1990年 帰国後、自己のグループを結成。
スタンダード曲にとどまらず、自身の作詞・作曲によるオリジナル曲、またマイルス・デイビス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターの曲にも自ら詞をつけ発表。
1992年 渋谷『ジァン・ジァン』にて、毎年ライブ・コンサートを開く。
(1995年からは佐藤允彦(P)、加藤真一(B)、岩瀬立飛(Ds)のトリオと共演)
1995年 N.Y.にてアキラ・タナ、ルーファス・リード、マーク・ソースキン、マーク・ターナー、クレイグ・ベイリーとオリジナル曲6曲を含む12曲をレコーディング。
1996年 サウンドヒルズ・レコードよりファーストアルバム"『ベスト・リガーズ』(SSCD-8067)をリリース。
『ジァン・ジァン』ライブと『ベスト・リガーズ』の成果により、第12回ツムラ・ジャズヴォーカル賞奨励賞を受賞。
2002年 N.Y.で開催されたシーラ・ジョーダン&ジェイ・クレイトンのヴォーカル・ワークショップに参加。
2007年 12月 スガダイロー(P)を相手に、アルバム『サークル・ステップ』(RKCJ-2033)をリリース。
2009年 1月 安田芙充央のディレクションによるアルバム『オビヤビヤ』(RKCJ-2039)をリリース。
横濱国際インプロ音楽祭出演。
2010年 2月 安田芙充央ディレクションによるアルバム『ポッペンを吹く女』(RKCJ-2043)をリリース。
横濱国際インプロ音楽祭出演。
2013年 1月 名前をミヤマ カヨコに改める。
4月 Anfuプロデュースによるアルバム『リンラリンラミヤマ』(RKCJ-2049)をリリース。
7月 ユニット結成。『<アホンダラ大久保楽派>ミヤマ カヨコ & しげみ』
10月 <アホンダラ大久保楽派>として『横浜国際インプロ音楽祭』出演。
2016年 10月 ジャズヴォーカリストの面目躍如たるアルバム『Amazing Kayoko Miyama /At Last』(RKCJ-2062)をリリース

トップボタン